御在所岳  2011年06月23日(木) 1/2ページ

   御在所岳  1212m
 
   天気予報では、鈴鹿方面が良いということだったので
  御在所岳を始めてのコースで、上り下りすることにした。
  鈴鹿スカイライン料金所跡に車を停めて、通行止ゲートで
  コースの状況を確認。 特に変わりは無かったので
  表登山道で登り、一の谷新道で下山することにする。

 
  ドライブ記録   曇│晴

  07:57 自宅 発     437.5
        平部 コンビニ 3分
  08:22 大府インター 
  08:43 四日市インター
  09:07 駐車場      494.4
 
 @〜Mが本日のルート  B〜E湯の山温泉−武平峠登山道 D三ツ口谷分岐 E〜G表登山道 K〜M一の谷新道
 
  09:17 駐車場 出発  ゲートで係員と話  09:26 ゲート発  09:28 中道登山口 スカイラインを潜って分岐点へ
 
  スカイラインに沿って登っていく     09:39 スカイライン1標識    時々足元をチェック、ヒルは付いてなかった
 
  09:51 堰堤下  右へ階段を登る      09:53 階段途中=スカイラインヘアピン  道標や看板がある
 
  階段の上 D三ツ口谷分岐   三ツ口谷方面を下見 河原に鎌ヶ岳の矢印  尾根を乗り越える道もあるが続かない
 
  斜面に道を見つけ少し登ると  10:26 三ツ口尾根分岐 上は県境稜線と書いてあった 武平峠ではないのか
  10:30 堰堤上の D三ツ口谷分岐に戻る  (下見35分)
 
  10:35 E表道登山口 鳥居   スカイラインを潜る
 
  少し登るとヘアピンカーブ横の工事小屋 ヒルチェックと水  ここから急登を上がり   11:03 百聞滝見晴台
  
  百聞滝
 
  釈迦ヶ岳から武平峠の稜線
 
  木陰と風を求めて少し登り
  11:11 休憩 4分

  その後も登っていくが頂上方面は見えないので
  左後ろの釈迦ヶ岳を見て、高さを推察する。
 
  12:03 川へ下っていき渡る         急斜面の下に出る    左手に登り茂みの中へ
 


  茂みを抜け、振り返ると雲母(キララ)峰
  また茂みの中を登っていくと、階段と建物が見え

  12:18 表登山道 山頂口に到着
  12:20 アゼリア前のテーブル・ベンチ
        先客7名、後2名   昼食と休憩30分

            

inserted by FC2 system