小倉山・アセビ平 2011年02月21日(月) 1/1ページ

   養老山地  三方山・小倉山・アセビ平
 
  19日(土)に猿投山に登ったら、全く雪が無くなっていたので
  養老山地の様子も見たくなって、出掛けました。
  素晴らしい快晴に恵まれ、風が弱く、気温が高かったので
  登るときはベストも脱いでいました。
  雪道なので、サングラスは必携です。

 
  ドライブ記録  快晴

  08:39 自宅近くのGS 発   渋滞
  09:24 名古屋インター 
  09:55 大垣インター コンビニ 
  10:26 養老滝駐車場 着
        所要時間 1時間47分 77.4 km
 
  @の上にリフト、滝駐車場と登山口    Aの上 三方山     Bの下 笹原峠     Cの下 小倉山
  Dの下 山頂遊歩道 尾根道       
Eの下 アセビ平(旧牧場)
  Cの左に養老山(旧多芸山)   Eの右後ろに笙が岳   右に表山   右端、関が原方面   右枠外に伊吹山
 
  養老滝駐車場     10:42 養老登山口 出発   三方山/アセビ平分岐を三方山へ進むと案内板等があります
  川を渡って、登り始める  最初は所々に雪が残る程度だが、次第に残雪が多くなっていきます  サングラス着用
 
  11:25 三方山への中間地点 0.9 km  すぐ上にベンチ ベスト脱 4分    11:58 三方山分岐 2人連れと会う
 
  10:42 養老登山口を出発して 1時間18分
  12:00 三方山 到着     写真 7分

  ここまで出会った登山者は、駐車場で挨拶した1人と
  男女の2人連、計3名で、その後も下山するまでには
  1人も会いませんでした

  三方山からは、北−東−南と見渡すことができ
  白山、御嶽山、名古屋駅等々が目視できました
 
 
 
  12:07 三方山を下り  12:09 三方山分岐  12:18 笹原峠 この手前から積雪が深い  左の小倉山へ進みます
 
  小倉山の少し手前は、前後左右に見晴らしが良いが
  見とれていると、膝まで雪に埋もれます
 
  小倉山直前の階段部分 40〜50cmの積雪で
  踏み跡を良く見て、埋もれないように登ります
 
  12:37 小倉山 山頂

   東側の写真を撮り終えたら、駐車場であった男性が
   西から来て、色々と立ち話 別れて

   西の東屋へ行き写真  風が当たって寒いので
   東へ戻り  おにぎり1ヶ  2人連も下山したので
   ポケットトランペットを吹いてみるがイマイチ

   山頂に、ちょうど1時間滞在して

  13:37 小倉山 出発
 
 
   
   南西方向   御池岳 丸山    鈴北岳   鈴ヶ岳
 
                西方向  霊仙山(りょうぜんさん)  最高点 三角点頂上 経塚山
 
                             北方向   笙ヶ岳 西峰(養老の最高峰908m)と東峰(890m)
 
  13:37 小倉山 出発           13:47 笹原峠 ( 1.6 km アセビ平)      雪に埋もれた階段を登る
 
  アップダウンを繰り返して、北へ進む      北に見晴らしが良くなって、長くて急な下りがあります
 
  ピークを越えて、やや下りになり   遊歩道から少しずれたトレースもありました   山頂展望休憩所 ベンチ有り
 
  笹原峠〜アセビ平(旧牧場)の間には
  山頂展望休憩所以外にも 2〜3箇所のベンチが
  有ったと思いますが、雪に隠れていたようです

  14:43 アセビ平(旧牧場) (4.2km 登山口)

  特に休憩も取らずに、林道を下っていきます
 
 
 アセビ平からしばらくの間は雪も多かった  もみじ峠近道にも踏み跡がありました  栗の木平からは雪の無い場所も多かった
 
  15:47 養老登山口 下山完了       水晶の湯が定休日だったので、初めて、長島のニューハートピア温泉へ行く
 
  私の登山記録
  10:42 養老登山口 出発
  11:25 三方山への中間地点 0.9 km
        ベンチ    ベスト脱 4分
  11:58 三方山分岐
  12:00 三方山      写真 7分 
  12:18 笹原峠
  12:37 小倉山 山頂展望台・東屋
        話し・写真・おにぎり1ヶ・ポケトラ 60分
  13:37 小倉山 出発
  13:47 笹原峠
  14:18 笹原峠/アセビ平 中間地点 0.8 km
  14:43 アセビ平(旧牧場) (4.2km 登山口)
  15:47 養老登山口 下山完了
        5時間05分 内休憩71分
  概要・感想
   養老は、伊吹山や関が原に近くて、雪が多いですね
  今回のコースでは、融解して凍結した箇所が少なくて
  軽アイゼンを使うことは無かったです。
   また程よい踏み固めだったので、かんじきやスパッツが
  無くても平気でした。 全体的に歩き易かったです。
  養老山頂遊歩道の凍結は、まだまだこれからでしょうか

  帰路
  15:56 駐車場 出発 
  16:17 水晶の湯 駐車場 定休日
  16:42 ニューハートピア温泉 着  600円
  17:52 ニューハートピア温泉 発  国道23号
  19:12 自宅 着   
       46分+80分   67.6 km

              

inserted by FC2 system