摺古木山・白ビソ山 2010年 8月25日(水) 1/2ページ

   摺古木山 2169m  白ビソ山 2265m
 
   摺古木山へは、中央道飯田インターから長野県道8号で
  廃村となった旧大平(おおだいら)宿へ。ここから、悪路で
  有名な東沢林道を8km進むと、スリ古木自然園休憩舎。
  東沢林道8kmを歩いて往復すれば、6時間を要する。

   今年6月には、2kmほど進んで工事の為通行止の情報が
  あったが、8月に入って、ある観光協会のホムペに通行止
  解除の記載を見つける。改修工事直後であれば、奥の林道
  も整備されて、最も走りやすい状況であると判断、天気にも
  恵まれ、林道8kmをヴィッツで走破して自然園休憩舎に。
  道の凸凹は多く、常に徐行して、8kmを36分かけての走行。
 
 ドライブ記録8月25日 摺古木山 曇

  05:22 自宅 発
  05:49 名古屋インター
        飯田の手前で多重事故 恵那SA
  07:06 飯田山本インター   通勤割 1700円
  07:37 県道8号 砂掛温泉前
  07:43 松川ダム 0.4km看板
  08:06 飯田峠      
  08:11 旧大平宿 東沢林道始点
  08:47 スリ古木自然園休憩舎 (7.7km 36分)
        3時間25分     151.9 km
   高速道の事故が無ければ、所要3時間くらい
 
  飯田市街から県道8号を進む         松川ダムの看板                飯田峠
 
  旧大平(おおだいら)宿 松本屋        東沢林道始点 左右に案内看板があり、トイレもあります
 
  東沢林道始点の公衆トイレ  ここから8kmを36分かけて走破して  自然園休憩舎に到着
 
  09:06 休憩舎 出発   登山道が解る程度に、笹が被っていた、露に濡れていたのでパンツの前はすぐにびしょ濡れ
  15分ほどの急登のしめは、沢のように雨水が流れていて、靴の中まで濡らしてしまいました
 
  その後は、緩い登りを進んでいきます  各写真は、09:24  09:29  09:31
 
  所々に西方面に眺望の良さそうな場所があるのですが
  この日は、ガスが掛かり眺望が無くて残念でした



  休憩舎に、マウンテンバイクがあり、林道途中に車が
  1台停まっていたので、たぶん同じ持ち主で、登山者1名

  分岐点で、もしも、私と逆回りをしていれば出会うことになる
  だろうと思いながら、私は「摺古木山頂 1..9km」へ直進して
  展望台へむかいました。

  結局、この日は誰にも会わずに下山しました
 
 
  09:50 大石             09:59 分岐 摺古木山頂1..9km/摺古木山頂1.0km     1ヶ所、沢を登る
 
  展望台直前に 界標 (御料局)



 
 
  10:38 展望台  休憩と晴れ間を待って 16分 眺望は得られず   10:54 出発 

      

inserted by FC2 system