段戸山 愛知県設楽町 2010年 5月18日 1/1ページ

  段戸山  だんどさん 1152.3 m
 
  地元 愛知県の山々も登っておきたいと思い
  地図を見て物色して、登山リポートを検索して計画

  我が家からだと、登山口まで、車で2時間以上かかり
  山歩きよりも、ドライブの時間の方がずっと長くなる

  段戸山から東の岩岳も計画に入れていたが、ドライブの
  ロスタイムや道路工事もあったので、中止しました

  段戸湖の裏谷湿原も、歩いてみたいと思っています

 
 ドライブ記録
  08:56 自宅 発
    グリーンロード  コンビニ 県道33号
  10:41 大多賀峠
  10:52 段戸湖
  11:03 胡麻沢林道 一般車通行止 戻る(12分)
  11:09 澄川林道入口 舗装道→砂利道
  11:15 返り水林道入口 一般車通行止 登山口4km
  11:19 駒ヶ原宇連林道に出る 道路工事 段戸牧場
  11:41 153号で引き返す  駒が原稲武林道 (41分)
  12:11 駒ヶ原山荘 発見 TOPS 研修センター
  12:14 駒ヶ原登山口 駒ヶ原第1林道入口
         3時間18分(ロス53分) 102.8 km0
 
  大多賀峠 段戸湖 は以前に来ているので、ここから県道33号を進み、林道で駒ヶ原へ向かう計画
  澄川林道入口で様子を見るが標識も無いので、先に進んでみる。 5〜6分後、胡麻沢林道(一般車通行止)入口に
  砂防の地図があった。 戻って、澄川林道に入る 舗装道から砂利道に変わる
 
  6分ほどで、返り水林道入口(一般車通行止) 裏谷登山口 近くに2台ほど駐車できそう
  さらに3分ほどで、駒ヶ原宇連林道に出る これを左に進む  途中、大規模な道路工事をしていた
  工事区間が終わり、舗装道になってしばらくして、左側に「駒ヶ原山荘」の看板があったのだが・・・
  建物が見えないこと、看板前に車があったために、これを見落とし、段戸牧場まで行く、国道153号まで行って引き返す
  駒ヶ原稲武林道に入ってみるなどして、ロスタイム40分ほど  12:11ようやく 駒ヶ原山荘の看板を発見
 
  西へ2分ほど進み 段戸山登山口  駒ヶ原第1林道入口 に到着
  12:24 段戸山 駒ヶ原登山口 出発
 
  北斜面を南へ、ほぼ直線に登っていく、尾根に上がり 12:42 尾根道の先のピーク、段戸山を望む  鞍部へ下っていく
 
  広く明るい尾根に上がる この先に二股分岐があり、左の道には通行止の目印に木が3本置いてあったので右へ
  13:05 段戸山 頂上 1152.3m      休憩・お茶・おにぎり  20分
 
  段戸山頂上からの眺めは、北北東方向のみで、東は雑草が伸び、他は立ち木が多くて見通せなかった
  雑草が枯れた冬場に来れば、もう少し眺望が得られたと思われる
 
  北 御嶽山や恵那山の方向
 
    北北東 南アルプス方面
 
  13:25 頂上を出発 裏谷・東登山道へ  13:27尾根分岐 下:東登山道へ(直進:裏谷)  尾根の登山道は笹の狭い道
 
  分岐から少し進むと、急な下りになり、川に沿ってしばらく下る  川を渡ってからは、ほぼ水平にトラバースしていき
  何本も小さな川を渡っていき、最初北東に向いていたのが、北になり、やや西よりにと進んでいった
 
  尾根分岐から30分で丁字路に出る。 右後ろに向かって緩い下り(東登山道?) 左前方を確認すると
  登りで通った 二股分岐の左通行止に出た
  東登山道を下山すると道路工事箇所に降り、車の多い林道を歩いて戻ることになるので、
  ここから北へ、登って来た駒ヶ原登山道で下山することにした
 
  14:02 尾根道の先 小ピークから段戸山を望む
  14:17 駒ヶ原登山口 下山完了
 


  私の登山記録
  12:24 段戸山 駒ヶ原登山口 出発
  12:42 尾根道の先 小ピーク
  12:48 二股分岐
  13:05 段戸山 頂上 1152.3m
        お茶とおにぎり
  13:25 出発 へ
  13:27 尾根分岐  東登山道/裏谷
  13:57 二股分岐
  14:02 尾根道の先 ピーク
  14:17 駒ヶ原登山口 下山
      所要時間 1時間53分

  帰 路
  14:30 出発    段戸牧場
  14:38 153号   右折し稲武へ
  14:46 稲武 どんぐりの湯
  16:06 道の駅 出発  
  18:07 自宅 着     
        16+121分     76.1 km

  登山口へのドライブ
  段戸山・岩岳が目的なら、153号で伊勢神トンネルを潜り
  段戸牧場の看板で右折して8分のコースがスムースで早い

       

inserted by FC2 system